「パラサイト 半地下の家族」ショートレビュー これもやっぱり国民性なんだよねえ、とポン・ジュノファンの僕は思った。

「パラサイト 半地下の家族」
劇場公開日 2020年1月10日

 

 本作がポン・ジュノの最高傑作かというと、僕は全力で否定するし、むしろ「下の方」だと思います。

 

 

 

 

 

だって、、、、ねえ、、、他が良すぎるんですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大傑作の「殺人の追憶」

殺人の追憶【Blu-ray】 [ ソン・ガンホ ]

価格:1,650円
(2020/8/22 13:23時点)

これまた大傑作の「母なる証明」

母なる証明【Blu-ray】 [ キム・ヘジャ ]

価格:4,950円
(2020/8/22 13:25時点)

またまた大傑作の「スノーピアサー」

【新品】角川映画 スノーピアサーBD

価格:2,515円
(2020/8/22 13:27時点)

 相変わらず「らしい」、韓国特有の「国民性的ご都合主義」なストーリー展開は健在。(これはけなしても褒めてもない)。僕は本作のテーマは格差社会なのかもしれないけれど、「貧乏だけど、アタマはいい」、「バカだけど、金持ち」という風に見えた。

 日本だときっと「頭いいけど、貧乏。」「金持ちだけど、バカ」という、退屈な描き方になるんだろうな。

 

 その中で特に素晴らしかったのは、金持ちの奥さん。この映画の特異な部分、素晴らしい部分はすべて彼女のおかげです。

 

後宮の秘密 [ チョ・ヨジョン ]

価格:1,100円
(2020/8/23 17:19時点)

 

新品北米版Blu-ray!【パラサイト 半地下の家族】 Parasite [Blu-ray]!<ポン・ジュノ監督作品>

価格:4,890円
(2020/8/23 17:18時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました