映画レビュー

「カナリア」 「愛のむきだし」+「ヒミズ」だったりする

「カナリア」 「サルベージ・マイス」で散々こき下ろしてもなお谷村美月作品を観たのは、やはり一部の熱狂的なファンの基点を確認してみたかったから他ない。どうもこの映画の谷村美月がいいらしい、ということだった。 ...
映画レビュー

「神様のパズル」 市原隼人の天才っぷりに泣けた。。

東映と角川の楽しい映画はさんざん観てきたので、そこには着目しない。間違っても「北京原人」や「REX」を想像してはいけない。 観るべきは、三池崇史と谷村美月だろう、と言う目論見だった。 しかし市原隼人にすっかり彼らは食われ...
映画レビュー

「スノーピアサー」 僕は泣いたよ。。

「ノアの箱舟」というべき列車「スノーピアサー」には格差社会が存在し、前方車両に乗る富裕層から虐げられている後方車両の人々が革命・・・・・ じゃなくって! 前の車両に行ってみたいわ~、というだけでこ...
映画レビュー

「メランコリア」 トリアーはきっとこう言う

正直不快な映画。 いきなりめんどくさい映像から映画は始まる。 これを「美しい」という表現をする人は最初からこの映画を見誤る。というか、どう見てもトリアーの偏屈的な趣味が全開していて美しいわけが無いのだが。 ...
映画レビュー

「デイズ・オブ・サンダー」 脱線、クラッシュしないストーリーとトム・クルーズ

この以前のトム・クルーズは「ハスラー2」でポール・ニューマンを引き立て、「レイン・マン」でダスティン・ホフマンを立て、大御所からとっても寵愛をうけていたころである。 でぼちぼち、自己主張をしたくなりだしたころに作られたのがこの...
映画レビュー

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」かたちはアメコミヒーローもの1発目だが

オリジナル1作目へのリスペクトも随所にありますが、むしろ幅広い観客層に観てもらいたいという意気込みを感じます。 オリジナル1作目にどうつながるかは、確かに僕ら年配層には興味があるわけですが、エンドロールでちょろっとやる...
絵本

絵本「いないいないばああそび」 0歳 ラストのサプライズの意味 ★★★☆☆

いないいないばああそび 作・絵: きむら ゆういち 出版社: 偕成社 ウチの娘は0歳から ページ目いっぱいの画が良いんでしょうね。娘はこれをよく読んでました。 ラストのお母さんが豚というのが、0歳の子にどう映る...
絵本

絵本「いっしょにあそぼ しましまぐるぐる」 0歳 タオルのしましまはよかったが。。★★☆☆☆

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる 絵: かしわら あきお 出版社: 学研 ウチの娘は0歳から 紙が厚いので、0歳の娘も破くことはできず。なのはよかったのですが、しましまにぐるぐるに食いついてくれません。 娘はタオルを目の...
絵本

絵本「もいもい」 0歳 「ごぶごぶ ごぼごぼ」のあとにどうぞ ★★★★☆

もいもい 絵: 市原 淳 監修: 開一夫 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン ウチの娘は0歳から 「ごぶごぶ ごぼごぼ」と比較したくなります。 胎内を想像させ、なんとなくそこから出てい...
絵本

絵本「いないいないばあ」 0歳~1歳 絵柄に食いついてくれるかどうか ★★☆☆☆

いないいないばあ 文: 松谷 みよ子 絵: 瀬川 康男 出版社: 童心社 ウチの娘は0歳から ウチの娘は僕のいないいないばあに激しくリアクションしてくれたことがありませんでした。なので絵本でも僕の大袈裟な「ばあ!」の声...
タイトルとURLをコピーしました