「ひそひそ星」ネタバレ 「記録」として撮るだけ、と見えるというのは果たしてどうか

園子温監督。

「紀子の食卓」で作風と演出の方向性が固まり、「愛のむきだし」でアブノーマルをエンタメで描き、「冷たい熱帯魚」でさらにその色が強まり、なぜだか、日本を代表する映画監督として祭り上げられる。

 だが「紀子」以前の「奇妙なサーカス」等の作風と、その時の方法をミックスしたような「恋の罪」があんまり面白くなく、「ヒミズ」に至っては、福島の風景が撮りたいがためだけの映画と化して、それ以降の「地獄でなぜ悪い」は焼き回し、「TOKYO TRIBE」はチャレンジする分野が性にあっていないという凡打が続き、三池監督ならお手の物、だが園監督の手には余る「新宿スワン」ですっかり見切りをつけてました。

 今回、全く観に行くつもりではなかったのですが、連れがどうしても観たいと。神宮前のワタリウム美術館で展示をしているということもあり、美大出の彼女の、「アートなにおい」をかぎ取ったのか、お供で鑑賞した次第。

 本作、園監督が昔書いた脚本を映画化する際、福島の今を記録することの作家としての思いが合致し、作られたという。

 なるほど、アンドロイドが「思い出」を届ける、というのは、SF的だ。その届け先が荒廃した世界の人々、というのが「福島」にあたる。

「希望の国」は観ていませんが、今回は「いやらしさ」を排除した様子。

 果たしてそうか。

時間が、映画が全く進まない

「ひそひそほし」なのか、「ひそひそせい」なのか、気になって序盤まともに覚えていない、と言うのは嘘ですが、どれだけ意味のあるのか、ただただ同じシーンの繰り返し、という序盤。

 主人公洋子はアンドロイドで、時間の経過に左右されることはない、ということを表現したいのか、曜日の経過をいちいちいちいち繰り返す。お湯を沸かすのに、1日が過ぎるのです。こちとら人間なので、時間の経過ばっかり気になり、そのうち時間どころか映画の経過も気にならなくなるという睡魔に襲われるのは、おそらく意図的なのか。

 「長い時間をかける」、は福島復興にひっかけているのかもしれないが、そういう睡魔を意図的に誘う方法だとだんだんと腹がたってきます。自己満足なメッセージ表現にしか見えなくなります。

昭和推し

またこの映画、随所に、昭和な描写が続く。蛇口、床の雑巾がけのかけ方(今どき、あんな雑巾がけのやり方するかな)。

そして「ひそひそ星」の影絵の姿。徹底して昭和推し。昭和の家族推し。昭和推し、の真意は分からない。実に緩く、各配達物の「思い出」にこれといったエピソードもなく(連れはフィルムが出てきたことに感動したというが)ばあ様の缶蹴りにちょっと笑ったぐらい。

 本作、自主制作ということだが、それを盾にしてる感が強い。「自主制作」なので、観なくていいよ、という妙な開き直り。

 例えば、主人公が自転車で福島の町を延々と走るシーンがある。「記録を残す」、とはそういうことではないでしょう。

 映画なら、お客さんからお金を取るなら、もっと「お客さんを楽しませる」方法はあるだろうに。知っているだろうに。流れる背景に変化をつけるべきだ。そこはあえて「CG」を使ってでも。

シンザン
シンザン

 SFという体をとっているなら、かけるべきところにはお金をかけましょう

 真摯な作品とは、むしろ、そういうことだとも思うのですが。

 まだまだ「福島がこうだから、こういう画が撮れるから撮っておこう」という意図が見えます。

劇場公開日 2016年5月14日

コメント

タイトルとURLをコピーしました