「アベンジャーズ エンドゲーム」 22回以上3,000回以下観れる人の為の映画。僕は3回観れたらいいかな。

アベンジャーズ エンドゲーム
劇場公開日 2019年4月26日

 

僕はMCU作品群について、特に思い入れはありません。

 

もちろん21作品のうち、好きなものは当然あります。

「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」。
「ソー ラグナロク」。
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」。

 

【送料無料】キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX/クリス・エヴァンス[Blu-ray]【返品種別A】

価格:3,652円
(2020/9/4 17:27時点)

 

マイティ・ソー バトルロイヤル MovieNEX(アウターケース付き) [Blu-ray]

価格:3,309円
(2020/9/4 17:26時点)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX [ ロバート・ダウニーJr. ]

価格:3,465円
(2020/9/4 17:27時点)

 「WS」の政治サスペンスアクション、「ラグナロク」の70年代サイケデリックSFコメディ、「IW」の「上手さ」は特に素晴らしいと思います。

 

もっと言うと、「IW」は「ブラックパンサー」以上にオスカー向きだと思いました。

 

「マイティ・ソー バトルロイヤル」ネタバレ ソーが女子にウケる理由はこれだ!!
「マイティ・ソー バトルロイヤル」 劇場公開日 2017年11月3日 マイティ・ソー バトルロイヤル MovieNEX(アウターケース付き) 価格:3,608円 (2020/7/24 16:16...

 

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」 とりあえず、オスカー獲ってしまえば?
アベンジャーズ インフィニティ・ウォー 劇場公開日 2018年4月27日 アベンジャーズ シリーズについて  「シビルウォー」で飽きちゃって、「ガーディアンズ・・」が全く楽しくなかった僕を再びMCUに引き込んだのは、「ソー バ...

 

 だが僕の好きなこの3本の、とってもチャレンジングな作品と打って変わって、レビューは書く気もなれない「キャプテン・マーベル」、「ワスプ」の「消耗品」臭が鼻につくのも事実。

 

 釣られて見るのはこっちの責任。C・マーベルなんか、本当に要らなかったなと本気で思う。

 

 だが本作は僕のような、そんな3品しか好きではない人間のために作られた映画では決してない。本作の圧倒的なボリューム感とサービス精神、気配り、そしてプライドはものすごいものを感じる。

 

 そこは想像通り。これは映画史に残る一大イベントだ。こんなことは、いまだかつてなかったし、これからもないと考えていい。この時代の映画ファンで良かったと思う。

 

 アメコミファンは3,000回観るだろう。MCUファンはあと21回観るだろう。そんな映画だ。

 

 だから、ここからは、「3回しか観ない」僕の話になります。

 

 

「アベンジャーズ エンドゲーム」

 

1)まず何といっても、ストーリーと展開が「全く」と言っていいほど、想像を超えていません。

 

 「過去に戻って、ストーンを集める」

 

 これについては、過去21作品の流れからして、むしろ「そうすべき」展開には違いないが、アントマンを量子世界から救うのが、「ネズミの偶然」ではなくて、そこはやはり「意志あるアリ」でしょう。

 

2)初期アベンジャーズ以外がモブなのはまあ、いいとして、初期アベンジャーズが生き残ったことが十分に活かされていない。

 

 タイムトラベルでストーン奪取は想像どおりでしょう。しかしキャップVSキャップは「決着をつけるあのセリフ」については、十分面白いのだが、もっと「アガル」アクションにできたはずです。

 

「IW」より評価が下がった点の大きな要因が「アクションのつまらなさ」。

 

 このあたりは、気を配り過ぎて、「アゲル」べき点を見失ったか、泣く泣く切り捨てたか、だと思われますが、合わせてストーン奪取のチームの組み合わせももっと面白くできたのではないか、と思います。

 

 特に組み合わせとして、「家族」を取り戻す男と、戦いの中で「家族」を持つことが出来た女として、最高だったはずのホークアイとウィドウのチームの結末はもっと深く感動があるべきものなのに、「足しました」程度の演出にはガッカリ。

 

 また、「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」ほどのものは期待はしていなかったが、現在の技術と21作品分のタネがあるほどのマジックをここで観ることはなかった。(こちらとしては、アガッたのはティルダの登場のみ。(これは個人的好み))

 

 

3)サノスのキャラが変わった。

 これは本編前半の事ではなくて、ラストの決戦。「IW」は大義をもって、自己の愛を犠牲にして、信念を貫き勝利した。だが本作のサノスは、「人口の半分」ではなく、宇宙を作り直す、地球の殲滅を楽しむ、と言い切ってしまった。

 

 「IW」のサノスの「正義」に対するアンサーがここではなんら提示されず、サノスが「快楽殺人者」と成り下がってしまっている。

 

 本作は、前作のサノスの圧倒的信念に対し、いかに「一人の命」も軽くみず、全員を救うキャップの執念が、結局「ソウルストーン」のための、のウィドウの死、そしてスタークの死という結論に至ったのは、残念。

 

やはり「IW」を除く20作品に気を使いすぎて、「IW」のアンサーがやや蔑ろになってしまったのかと思う。

 

 「IW」では抜群の交通整理と評したが、今回は3時間の上映時間も含め、「とりあえず全部足しました」という印象がぬぐえない。

 

ここが一番の残念ポイント。

ほか戯れ言

 上記3作品「だけが」好き、ということで、ソーの扱いやキャップのアクションがCGくさい、どうせ出すなら、ケイト・ブランシェットのヘラを絡めたストーリーにしてほしかったなど、文句はたくさんあるが、それでも後2回の計3回は観ようと思うのは、敬意以外何物でもない。

 

さいごに

 パンフレット、ひどい。。

 

アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX ブルーレイ+DVDセット

価格:4,076円
(2020/9/4 17:33時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました