「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 他人のふんどし

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!
劇場公開日 2014年4月12日

エドガー・ライト監督の「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」は世間が言うほど面白いとは思ってないし、その後の「スコット・ピルグリム・・」は本当にダメで。

特にあの、バタン・キューな演出がもう、嫌いで嫌いでしょうがない。

それ以上に、パロディの皮をかぶった、他人のふんどしで相撲をとったような有様が大嫌いなのです。

だが、サイモン・ペッグとニック・フロストの2人のコンビは面白く、ライト監督ではないが、「宇宙人ポール」が面白かったので、本作もまあ、観てみようか、と鑑賞。

ああ、観るんじゃなかった。。。

ああ、もう最初からウザ演出炸裂!!

今回、ペッグがこれまでの役とはまた違い、昔モテ男、今アル中、という「とっても扱いにくい男」をウザーく熱演。

ああ、観るんじゃなかった。。。

今回、フロストはまあ、ある程度想定内な、まじめな男を。だがペッグとの絡みはふつうの絡みで、二人のホモネタは「・・ポール」で完結してしまったのか、ここは序盤、ほんの少しだけ。

ああ、君たちが共演する意義はそこ以外、なにがあるってんだ?

頼むから、笑わせておくれよ。

本作、そもそも「笑わせよう」と思ってないのか、サブーいジョークばっかり。ビールもちっとも美味しく見えないし、映画はちっとも面白くならないし、例の急展開なんか、「だから、面白くなるの?」と疑ってしまい、結果全然面白くなってこず、青けりゃ、グロじゃないのか、とかいろいろ言い訳に逃げた挙句、説教に発展。

コメント

タイトルとURLをコピーしました