「ウォールフラワー」 We Can Be Heroes Just For One Day

原題「The Perks of Being a Wallflower」

「壁の花(誰にも気づかれない、ぼっち)でいることの特典」

この「特典」とは何だろうか。

本作の3人の主人公はみな少し「外れている」が、それで自分は「はみ出し者」、とはとんだ自己中心的な人間ばかり。

チャーリー、というのは、作者自身の投影なのだろうか。

答えをわかっていても、ノートに書き込み、したり顔でいて、挙手をしないなんて、そりゃ、隣の子に気持ち悪がられるよ。

この彼が、とある異母兄妹と出会うのだが、「あまい」ストーリーが始まっていく。

シンザン
シンザン

最初のダンスシーンで、もう僕の観る映画ではないかなあと。

この「特典」とは、「ぼっち」だからこそ見えるもの。それをはぐくめ、みたいな感じで、どうも、そんな感じだろうか。

これはもうすでに大人になってしまった僕の意見だけど、ただ、それは「ぼっち」じゃなくても、見えるもの。とりあえず、今を、今日を生きましょう。それこそが、リアルな特典。

ボウイの「Heroes」に気付かされたこと

ここまで書いて、ボウイのこの「Heroes」の歌詞、「We Can Be Heroes Just For One Day」「刹那的に1日だけヒーローになれる」とばかり思っていたが、その1日だけを一生懸命に生きろ、その1日とは、今日であり、明日であり、毎日のことなのだ。

つまり、一生懸命毎日を生きることで初めて、ヒーローになれるのだ。

劇場公開日2013年11月22日

コメント

タイトルとURLをコピーしました